新型コロナウイルス感染症クラスター「収束」のご報告

この度、当法人が運営する「養護老人ホーム長生園」、「特別養護老人ホーム長生園」、「ケアハウス長生園」、「あんしんサポートハウス光華苑」におきまして、新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生したことにより、ご入居者様・ご利用者様やご家族様、さらにはご関係者様をはじめ多くの方々に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことに深くお詫び申し上げます。
令和4年1月30日に当法人特別養護老人ホーム長生園ご利用者様より新型コロナウイルス感染症検査において陽性者が確認されて以来、2月26日までの間に、ご利用者様75名、職員31名の感染が確認されました。
そして、大変残念ながら、ご利用者様11名が新型コロナウイルス感染症によりご逝去されました。
ここに謹んで哀悼の意を表するとともに心からご冥福をお祈りいたします。
当法人では、京都中部総合医療センター感染症対策チームや京都府南丹保健所、南丹市等の行政機関からのご指導・ご支援を賜りながら全職員が一丸となり、全力を尽くして事態の収束に向けて取り組んでまいりました。
その結果、2月26日に最後の陽性者が確認されて以来、今日までの間に新たな陽性者は確認されておりません。
このような状況から、当法人が運営する施設において新型コロナウイルス感染症の集団感染が収束できたものと判断し、通常の事業運営に戻させていただきますことをここにご報告いたします。
今回の経験により、社会福祉法人長生園の職員連携体制や協力体制が一層盤石なものとなり、さらには高齢者福祉施設としての感染症管理体制や、職員の感染防御に関する知識・技術の研鑽を図ることができたと考えております。
この度のクラスター発生に際し、当法人への励ましのお言葉やご支援を賜りました皆様へ心からの感謝を申し上げますとともに、ご利用者様へのサービスを継続するため我が身を惜しまず奮闘していただいた職員の皆様に心よりお礼を申し上げます。

令和4年3月12日
社会福祉法人長生園
理事長 中村 裕予

未来に継ぐ光き

やさしさとぬくもりのあるステージで
健康で安心できる生活を 人と人とのふれあいのあるひとときを
こころゆくまでお過ごしください
長生園、ここは輝く笑顔があります
長生園、ここでは交流の輪が広がります
ゆったりとくつろげる居心地感 こころ和む幸せ感
ここはいつでもわたしたちの ハートフルステージです

長生園

長生園 近況報告(ブログ)

長生園の行事や活動、サービス向上の取り組みなどの近況を職員が報告します。