理事長挨拶
常務理事挨拶
長生園沿革
全運営施設の概要
特別養護老人ホーム
短期入所生活介護
養護老人ホーム
ケアハウス
グループホーム 幸せの里
デイサービスセンター
第2デイサービスセンター
居宅介護支援事業所
ヘルパーステーション
あんしんサポートハウス光華苑
長生園診療所「若がえりの園」
各報告書
お問い合わせ
TOPページへ

サロン

食堂・談話室

集会室・舞台

居室の例

寝台浴室

一般浴室

特別浴室


TOP > 短期入所生活介護


事業の目的運営方針事業の概要サービスの内容職員の配置状況
料金等

 在宅のお年寄りとご家族を支援します。例えばご家族の急病や、冠婚葬祭、旅行などでご家族が緊急あるいは特別に自宅を留守にされる間、介護が必要な方を万全の体制でお預かりします。在宅で寝たきりの方、認知症症状のある方など、様々な条件の方も経験豊かなスタッフがお世話いたします。安心してお任せください。

1.事業の目的
 
社会福祉法人長生園が行う指定短期入所生活介護事業の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の職員が要介護状態又は要支援状態にあり必要と認められた高齢者に対し、適正な事業の円滑な提供を図る。

2.運営方針
(1) 利用者等の心身の特性を踏まえて、利用者の能力に応じ自立した日常生活上の世話、機能訓練等を行うことにより、心身の機能の維持ならびに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図る。

(2) 関係市町村、地域の保険・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるとともに、特別養護老人ホーム等の事業と一体的な運営を行い、適正なサービスの運営に努める。

3.事業の概要
事業所の種類 指定短期入所生活介護(2671500102号)
事業所の名称 特別養護老人ホーム 長生園
所在地 京都府南丹市園部町上木崎町坪ノ内19番地
電話番号 0771−62−0223
施設長(管理者)氏名 臼井 尚司
通常の送迎対応地域 南丹市園部町・八木町・日吉町・船井郡京丹波町 地域
営業日 年中無休
受付時間 平日  9:00〜17:00
土・日  9:00〜12:00
定員 1日 32名

4.サービスの内容
(1)食事
● 栄養士(管理栄養士)の立てる献立表により、栄養並びに契約者の身体の状況及び嗜好を考慮した食事を適切な時間に提供します。
● 契約者の自立支援のため離床して食堂にて食事をとっていただくことを原則としています。
● (食事時間)
  朝食 7:30 〜  昼食 12:00 〜  夕食18:00 〜

(2)入浴
● 入浴又は清拭を週2回以上行います。
● 心身の状況(寝たきり等の方)に応じて機械浴槽を使用して入浴することもできます。

(3)排泄
● 排泄の自立を促すため、契約者の身体能力を最大限活用した援助を行います。

(4)機能訓練
● 機能訓練指導員により、契約者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練を実施します。

(5)健康管理
● 利用者の健康状態に注意し、必要に応じて健康保持のための適切な措置をとります。

(6)その他自立への支援
● 寝たきり防止のため、できるかぎり離床に配慮します。
● 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
● 清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行われるよう援助します。

5.職員の配置状況(特別養護老人ホーム長生園と兼務)
職種 人数
1.施設長(管理者) 1名
2.医師 1名
3.生活相談員 5名
4.介護支援専門員 5名
5.機能訓練指導員 4名
6.管理栄養士 1名
7.看護職員 18名
8.介護職員 115名
9.事務職員 7名

6.料金等
(1)介護保険サービス利用料
@ 基本介護サービス利用料
●多床(2人以上)室の場合
  1日あたり 599円〜866円(要介護度によって異なります)
●個室の場合
  1日あたり 579円〜846円(要介護度によって異なります)

A 各種加算
要件を満たした場合は各種加算を算定することがあります。

(2)その他利用料
●居住費  (ご負担額は所得に応じて異なります)
  多床室(2人以上)    840円 (1日あたり)
  個室           1,460円 (1日あたり)
●食費 (ご負担額は所得に応じて異なります)
  朝食350円  昼食550円  夕食480円
●遠方への送迎費用
南丹市・京丹波町・亀岡市以外への送迎を行う場合、南丹市・京丹波町・亀岡市の地域を越えて1km毎に140円(1km単位)を加算し、実費をいただきます。
●その他
その他、日常生活においても通常必要となるものに係る費用であって、その利用者が負担することが適当と認められる費用は実費負担となります。

(3)低所得者の方への自己負担の軽減
市町村民税非課税世帯の方、生活保護を受けている方などについては、食費・居住費について、市町村への申請により負担が軽減されます。また、社会福祉法人による利用料軽減措置も実施しておりますので、お問い合わせください。
▲ページ上部に戻る

Copyright(c) 2006 Choseien Institute for Longevity. All Rights Reserved.